月別アーカイブ: 2018年1月

苦戦工事の完了

 

本日、苦戦していた工事が完了致しました。

その工事は何かと申しますと

畳室をフローリング室に変更する工事なのですが・・・。

 

予算の関係上、断熱材の代わりに既存畳を使い、

畳の厚みを調整して、捨て貼りをして、フローリングを貼るという工事。

 

最近は多いらしいですが、これだけで安く出来ます。

何が苦戦したかと言いますと、畳の厚み調整の為の既存畳のバラシ。

 

「最近の畳」は軽く、中にスタイロフォーム(断熱材)が入っているのですが、

今回の既存畳は全て稲藁。

手作業でバラシをして、捨て貼りの根太の隙間に「畳床のみ」を入れていきます。

埃と稲藁に悪戦苦闘しながら9帖分の畳の解体を終え、フローリングが無事貼り終えました。

 

ビフォー

t1

アフター

t4

捨て貼りの中身

t5

こんな感じで畳床が入っています。

 

 

龍のキセキ

 

先日、福岡に研修に行ってまいりました。

 

毎回、福岡研修の度に研修だけ行って、すぐに帰っていましたので

今回は折角なので予め行きたい場所を決めて、福岡入りしてきました。

 

行きたい場所① 福岡アジア美術館

今、モノクロの墨汁絵画の「西元祐喜」さんの初の個展が福岡で開催されているのです。

昼前に到着し行ってきました。

r1

写真撮影OKだったので沢山撮影しましたが、入口を入って最初の画がコレ!

r2

他にもたくさんありましたし、初の個展ということもあって肉筆絵画の販売もしていました。

「版画や複製画と違い、肉筆絵画って1枚だけだから将来高くなるんだろうな。」

と思いつつ、次の目的地へ

 

行きたい場所② レッドロック

いつかテレビで見たローストビーフ丼をお昼に食べてみたいと思い大名へ。

並ぶわけでもなく、すんなり入れました。

並と大盛がありましたが、研修があるので大盛は睡魔に襲われて危険と思い、並を注文。

 

並なので、何の感動もない普通のが出てきました。

当たり前ですが・・・。

吉野家の牛丼のように食べてお終い。

普通すぎて写真は撮っておりません。

大盛を注文しとくべきだったか・・・。

 

行きたい場所③ 研修

14時~ちゃんと研修を受け、帰ってまいりました。

疲れましたが満喫しました。

 

一日にこれだけ龍を見たのは、ジョニーケイとかキングダッシュとかのカタログを見てた中学生の頃以来です。

知ってる人います?

 

 

あ。ミッキー!

 

本日、畳の交換と表替の立会いに行ってきました。

ある程度の築年数が経った住宅だと畳を上げると新聞紙が敷かれております。

今回も畳を上げると、いつものように出てきました新聞紙。

その新聞紙の中で、ミッキー発見!

 

micky

昭和42年10月24日(火)発行の毎日中学生新聞の紙面広告です。

キッコーマン ディズニージュース 200ml 35円

キッコーマン ディズニーネクター 260ml 60円

安い!しかもキャップを集めて応募すると必ず景品が貰えるという特典付き!!

 

そもそも、なんで畳の下に新聞紙を敷いているのかというと

「湿気とり」や「隙間塞ぎ」・「高さの微調整」の他に「防虫効果」としてだとか

昔の新聞に使われていたインクが虫が嫌う強烈な臭いだったらしいです。

 

畳屋さん曰く、

「古紙は捨てて、新たに新聞紙は敷かなくて良い。」とのことで

ミッキーともお別れ。

 

昭和42年10月・・・1967年、今から50年前・・・。

私はまだ生まれてません。

そんな50年前の新聞でも「あ。ミッキー!」と思わせる凄さ。

ディズニーの力は凄いです。

 

ちなみに東京ディズニーランドのオープンはこの新聞の15年6ヶ月後・・・

昭和58年(1983年)の4月開園とのことです。

だからキャラクターの採用に統一感がなく違和感があった訳ですね。

ミッキーとドナルドと・・・グーフィじゃなくドーピー(七人のこびとのおとぼけ)

 

ほとんどの方は知らないであろう・・・謎のインディアンは

「小さなハイアワサ」のすぐにズボンが脱げてしまうインディアン・・・レアキャラです。

ってかアニメと広告の絵のクオリティが違いすぎる。

 

disney

(参考資料)ディズニー「小さなハイアワサ」の1コマ